2013年6月

2013年6月30日時点の運用資産
9337万円

先月比 -585万(-5.9%)
年初来 +2256万(+31.9%)

期中売買:
<売却>
3396 フェリシモ 2100株(完全撤退) - 3年近く保有したが、一向に割安感が解消されないので見切り。鉄板財務&低PBRなのでかなり悩んだが、欲しい銘柄が多数あったため資金捻出のため売却した。損益はトントンで、なんとも資金効率の悪い投資だった。

7014 名村造船 3500株(部分売却) - 円安傾向にブレーキがかかってしまったので、一部売却。円安による業績回復を目論んでの投資なので、前提条件が崩れかけた時は手仕舞いあるのみ。

3654 ヒト・コミュニケーションズ 1100株(部分売却) - PFの中で一番の高PBR銘柄。調整相場が続く場合、この銘柄が最も影響を受けると判断して一部利食い。



<購入>
3731 京王ズ 4000株(追加) - また買っちゃった。そしたら、中間決算イマイチだった。どうしまひょ。

6060 こころネット 2500株(新規) - 福島を地盤とした葬儀屋。PBR0.6倍台、PER6倍台。高齢化の恩恵を受ける銘柄にしては、指標的な割安感が漂っている。

7297 カーメイト 4000株(新規)- 自動車用品の製造・卸売業。PBR0.5倍台、PER6倍弱。現金同等物 - 有利子負債 ≒ 時価総額の財務鉄板企業。でも4000株も買う必要はなかったかもしれない(笑)

7614 オーエムツーネットワーク 500株(新規) - 食肉小売業。優待目当て。業績が拡大してきているため、株価次第では買い増す可能性あり。

2682 ゲオ 25株(追加) - おなじみのレンタルビデオ屋。優待用に1株だけ持っていたが、このたび本格的に参戦。今期は減益だが出店攻勢は続いているし、キャピタルゲインとインカムゲイン(予想配当利回り3.3%)両方が狙える。

9963 江守商事 2000株(新規、再参戦) - 福井県の商社。株主優待で福井の銘酒黒龍をくれたことで有名(現在は廃止)。業績がかなり拡大してきているので、本格的に買ってみた。ただ、PBR1倍なのですげー割安ってわけでもないし、正直なところあまり自信はない。

7215 ファルテック 200株(新規) - 今年3月に上場したばかりの自動車部品メーカー。BPS 4021円に対して、四季報今期予想EPS653円、来期は816円。2009年と2010年に大赤字を出しているのでどこまで信用していいかわからないが、とりあえず試しに参戦。キャッシュがなくて200株しか買えなかったので、そのうち買い増しする予定。


主な期中配当金:
クリップ 10.7万
名村造船 7.4万
SRA 6.4万
NTT 5.7万
三洋貿易 4.4万
AGS、バッファロー、ゲームカード、ヤギ 各4万
その他諸々
合計 62万


コメント:
相場がだいぶ調整したため、積極的に仕込んだ一か月だった。4月~5月あたりは割安な銘柄が全く見当たらず困っていたが、ようやく網にひっかかるものがポツポツと出てくるようになった。好機を逃すわけにはいかないので、一部銘柄の売却によって得た資金、もともとあったキャッシュポジション、そしてついにやってきた3末の配当金を総動員してガンガン買いまくった。欲しい銘柄がまだいくつかあるので、来月もポートフォリオの入れ替えを積極的に行う。
3末の配当金は上記の通り62万円となったが、これは単月では過去最高額。過去1年間の累積額は178万となったが、リタイヤして配当金で生活するにはほど遠いレベル。来年からは税金が倍になるし、長期的な目標である年500万まではまだまだだ。


現在の上位20銘柄(青はランクアップ、赤はランクダウン、緑は変わらず)
port201306.gif
スポンサーサイト

安愚楽牧場

和牛を用いた自転車操業を行い、数年前に破たんした安愚楽牧場に関するこんなニュースを目にしました。

---------------------------------------------------------------------------------
(ニュースサイトより抜粋)
参院選を目前に控えた政界に、思わぬところから波紋が広がろうとしている。和牛オーナー制度の行き詰まりが発端となり、畜産会社「安愚楽(あぐら)牧場」元社長らが警視庁に逮捕された事件。経済評論家として和牛オーナー制度を推奨し、同社の「広告塔」とまでいわれたのが民主党の海江田万里代表だ。党の支持率低迷が続く中、海江田氏はまたも難題を抱えてしまった。海江田氏は衆院議員になる前の評論家時代、和牛オーナー制度について「リスクはゼロ」と雑誌などで紹介。この記事を読んで出資し損害を受けたとして、出資者30人が今年2月、海江田氏に賠償を求める訴えを東京地裁に起こしている。
---------------------------------------------------------------------------------

このニュースを読んで、海江田はけしからん!となる人は多いのでしょう。もしかしたら、大半の国民はそう思うのかもしれません。しかし全身全霊で投資を行っている個人投資家は、そうは思わないのではないでしょうか。

当時海江田さんが本当にリスクはゼロと言ったのかどうかは知りませんが、例え言っていたとしても、訴えを起こしている方々は、赤の他人である海江田さんの一言を鵜呑みにして大金を投じてしまった自らの不勉強を恥じるべきです。
逆に運よく大儲けした場合、海江田さんのおかげですと言って利益の大半を彼に差し出すのでしょうか?絶対にしないでしょう。自分の都合のいいようにスケープゴートを探すなど、投資家として失格もいいとこです。
そもそも、日本国内において、円建ての商品でリスクなしで日本国債以上の利回りを得られる商品は存在しません。これは絶対的な真実です。

こんな基本的なことすら理解をせずにホイホイと怪しげな商品を買ってしまう、一部個人投資家の金融リテラシーの低さを目の当たりにすると絶望的な気持ちになります。若いうちから金融教育を徹底して基本のキを叩きこんでおかなければ、このような悲劇は今後も繰り返されることでしょう。

不勉強な人は投資の世界では絶対にカモられます。それが嫌だったら勉強するか、又は投資なんて行わないか、そのどちらかです。

3770 ザッパラス

先月まで保有していたザッパラスの本決算がありました。想定通りイマイチな内容で(EPS7295円、その前の期はEPS12669円)、今期業績予想もEPS4915円と大幅な減益。高配当銘柄でしたが、今期はついに減配となるようです。

携帯ユーザー向けの占いビジネスにおけるスマホ対応が遅れているのが全てでしょう。
しかし、BPS66182円に対してEPS4915円ですので、ROEは7.4%。死ぬほど悪いかっていうとそうでもないんですよね。今までコンスタントに20%以上をキープしていたので、それと比べるとかなり悪いことは確かですが。。。

ここから読み取れるのは、事業がここ数年で最も苦しい状況でも、占いビジネスというものはROEを7.4%も出せる極めてボロい商売だということがわかります。占いそのものには設備投資も在庫も不要ですし納得です。

今後スマホ向けユーザーが増えていくにつれて、業績は緩やかに回復していくでしょう。わかりやすい決算説明資料を熟読して、再参戦のタイミングを窺おうと思います。

2013年5月

2013年5月31日時点の運用資産
9923万円

先月比 +54万(+0.5%)
年初来 +2842万(+40.1%)

期中売買:
<売却>
2154 トラスト・テック 17株
3274 アイディホーム 100株
3352 バッファロー 5株
3654 ヒト・コミュニケーションズ 900株
4699 ウチダエスコ 1000株
8186 大塚家具 500株
上記は全てポジション調整。割安感の薄れてきたものを中心に、月初から月央にかけてコツコツ売った。


3770 ザッパラス 15株 (完全撤退) - 携帯で占いサイトを運営している。ガラケーユーザーの流出分をスマホ分の増加で補えておらず、しばらく低迷しそうなので見切り売り。1年保有して+33万、年利26.3%。この会社は利益率の高いいい商売をしていると思うので、株価次第では再参戦するつもりだ。個人的には占いなんて全く信じないけどね。


<購入>
3172 ティーライフ 2000株(追加) - 先月に引き続き買い増し。

2408 KG情報 3000株(追加) - キャッシュだらけの財務鉄板企業。指数が乱高下している時は、こういう銘柄がポートフォリオを救ってくれる。エアバッグがてら追加購入。

3731 京王ズ 3000株(追加) - いつまでたっても割安感が修正されないね。上場廃止のリスクはあるが、ここは勝負!


主な期中配当金:
スーパーバリュー 6.7万
ヒト・コミュニケーションズ 3.7万
サンヨーハウジングナゴヤ 3.4万
フェリシモ 2.8万

合計 17.9万


コメント:
いやー今月は激しかった。相場が天井をつけた5/23までは前月比でプラス600万ぐらいだったが、その後全部吐き出した。かろうじてプラスで終わることができたのは、暴落前にコツコツと利食っていたから。今振り返ってみるともっと利食っておけばよかったと思うが、完全なる後の祭り(笑)
個別銘柄では、虎の子名村造船がついに覚醒してパフォーマンスに大きく貢献。現在の株価はまだ安すぎると思うが、保有比率がポートフォリオ内で突出してしまっているのでこれ以上は買えない。むしろ多少売らないと全体のバランスが悪くなってしまうので、来月は少し手離そうか検討中。
今月は250万程度の売り越しで終わったので、キャッシュに少し余裕ができた。銘柄によっては魅力的な水準まで下落しているものが出てきたので、来月は積極的に動く予定。


現在の上位20銘柄(青はランクアップ、赤はランクダウン、緑は変わらず)
port201305.gif
プロフィール

Author:クリムゾンキング
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

リンク