2013年7月

2013年7月31日時点の運用資産
9570万円

先月比 +232万(+2.5%)
年初来 +2489万(+35.1%)

期中売買:
<売却>
3731 京王ズ 21000株(完全撤退) - PF1位の銘柄だったが、一気に完全撤退した。2Q決算がイマイチだったことが最大の理由だが、特設注意市場銘柄の解除に向けてどのような努力をしているのかが見えてこない点、社外取締役のブログが無力感たっぷりでなんとも情けない点も理由として挙げておく。半年保有して+67万、年利34.8%。

3172 ティーライフ 5500株(完全撤退) - 3Q決算がダメダメで、通期下方修正を食らってもおかしくない可能性が出てきたため。貴重な7月配当銘柄だったが、心を鬼にして売却。配当は23円だが、権利確定後に100円近く暴落していたので売却は正解だったとみる。3か月保有して+30万、年利+57%。決算次第ではまた購入するつもり。

9432 NTT 200株(部分売却) - ポジション調整のため。


<購入>
3376 オンリー 28株(新規) - ザ・スーパースーツストアを展開する企業。有利子負債が微小で、予想ROEが14%、予想PERが7倍台。格安スーツには全く関心がないが、今期も最高益を更新しそうだし人気があるんだろう。ただ、ヴィレヴァンの例もあるし、小売業は在庫の評価損をいきなり計上してくるリスクがつきまとう。大勝負はできない。

9963 江守商事 300株(追加) - なんだか中途半端に買い増ししてしまった。その後超絶上方修正発表。江守さん、まかせた!ついでに、2300株以上保有の株主限定で黒龍の優待を再開して!(笑)

7215 ファルテック 800株(追加) - 大きく買い増して、一気にPF上位に。

6425 ユニバーサル・エンターテインメント 1700株(新規)- パチスロメーカーであり、カジノ経営も行っているギャンブル万歳企業。ROE10%、PER8倍程度なので激安ってわけではないが、国内でカジノが解禁されたら恩恵を受けそう。泣く子も黙るカジノ超大手米Wynnと喧嘩したり、フィリピン政府に目を付けられたり、色々と問題は多いが・・・ 岡田会長の資産管理会社と自社株の合計が全株式の75%で浮動株はわずか4.2%。いつかTOBも期待できる?

2432 ディー・エヌ・エー 1300株(新規) - ご存じモバゲーの運営企業。増配や自社株買い等の株主還元に積極的な上に、ROEは驚異の40%超。PBRは2倍を超えているが、この水準で買っても十分なんとかなりそう。下がったところは今後もコツコツ拾っていく予定。


主な期中配当金:
ザッパラス 5.6万


コメント:
ポートフォリオを大きくいじった。まずNo1だった京王ズとお別れ。PBRは依然低いが、肝心の業績にブレーキがかかってきているので一旦撤退。状況次第ではまた参戦したいと思う。ティーライフも早々と撤収。この2社の売却によってキャッシュに余裕ができたため、上記5銘柄に全力で突入した。特別な材料が出たのは江守商事の上方修正ぐらいで、それ以外の銘柄は平穏な日々を送った。

現在の上位20銘柄(青はランクアップ、赤はランクダウン、緑は変わらず)
port201307.gif
スポンサーサイト

2769 ヴィレッジヴァンガード

昨日、個人投資家に人気の2769 ヴィレッジヴァンガードが超絶下方修正を出しました。在庫の評価方法を変更した影響とのこと。雑貨屋の商品というのは、ファンにとっては宝の山、興味のない人にはガラクタの山。適正な評価方法なんてないのかもしれないな~

今日はさすがにストップ安張り付きかと思いましたが、なんとか持ちこたえてました。これは、魅力的な株主優待(1万円相当の買い物券)のおかげでしょう。経営陣はここで新たな難問に直面することになります。そう、株主の急増です。優待を新設した時に、株主数は2000人から8000人に跳ね上がっています。株価が下がれば優待狙いの単元株主が更にウヨウヨと湧いてくるでしょう。優待コストに耐えきれなくなって優待改悪→株価は更に下落・・・という負のシナリオが待ち構えている気がしてなりません。

楽天の乱

楽天が凄まじいIRを出しています。”分析が極めて浅い”、”分析が貧弱”、”同氏によるレポートは判断材料とするな”とまで書かれちゃったこのアナリストはなんだか気の毒だな。入手可能な、限りある情報を元にレポートを書いたんだろうし、公の場でここまでボロクソに言われちゃうのはちょっとねぇ・・・
プロフィール

クリムゾンキング

Author:クリムゾンキング
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

リンク