2014年2月

2014年2月28日時点の運用資産
9697万円

先月比 -291万(-2.9%)
年初来 -302万(-3.0%)

期中売買:
<売却>
9945 プレナス 100株(完全撤退) - 優待目当てで最小単位だけ持っていたが、やよい軒・ほっともっと共にあまり行かないので手離した。5年保有して、優待、配当、売却益で+13万。年利15%程度。
4699 ウチダエスコ 3000株(部分売却) - 不適切な会計があったとかで、決算を延期。まずいことをしていたのは小さな部署なので大きな影響はないと思うが、ケチのついた銘柄を主力に据え置くわけにはいかないのでポジションを半減。

以下、全てポジション調整の部分売却
2408 KG情報 1000株
2164 地域新聞社 500株
2154 トラストテック 500株
2432 ディー・エヌ・エー 400株


<購入>
2799 パイオン 5300株(新規) - 全体が暴落していた2月4日に試しに下の方で指値をしていたら、安値で一部約定していた。15000株欲しかったので、かなり中途半端な結果に。

以下、比較的自信のある銘柄を追加購入。
6059 ウチヤマ 2000株
3284 フージャース 2000株
3385 薬王堂 500株
6060 こころネット 900株


主な期中配当金:
2154 トラスト・テック 7.8万


コメント:
2月も厳しい一ヶ月だった。年初来でプラスに浮上することは一度もなく、ずっと低空飛行。最終週にはウチダエスコの決算延期も食らったし散々だった。

現在の上位20銘柄(青はランクアップ、赤はランクダウン、緑は変わらず)
port201402.gif
スポンサーサイト

リソー教育に思う

学習塾大手のリソー教育が過去何年間も不適切会計を行っていたとして話題になっています。
昨年12月に「不適切な会計処理の疑義に関する調査のための第三者委員会設置に関するお知らせ」なるプレスリリースを行い、直後にS安2連発。その後株価は何故か持ち直しますが、本年2月10日に「第三者委員会の調査報告書受領に関するお知らせ 」で実際に不適切な会計処理があったことが明らかになり、過年度の四半期報告書にことごとく訂正が入りました。そこからS安3連発で、23000名もいる株主は今頃腸が煮えくりかえっているでしょう。

ちょっとスクリーニングすればわかることですが、このリソー教育は経営数値が素晴らしく、直近の四季報によるとROA11.6%、ROE27%。配当利回りも6%弱と驚異的なレベル。
競争の激しい塾業界で一人勝ちしているように見えていたため、実際自分もウォッチリストに入れてました。。。

このような一見優良に見えるけど、実は地雷だった・・・という銘柄は常に株式市場に存在しています。
最近では原発事故を起こした東電、粉飾決算をしていたオリンパス。優良企業が一晩でクソ株です。

襲い掛かってくる突発的な悪材料を避けて株式投資をすることは不可能であり、唯一の自己防衛策は投資銘柄を分散することだと思います。
分散すればするほど大きなパフォーマンスは挙げにくくなりますが、勝つことよりも大負けしないことの方が大切であることを忘れずにこれからも市場で戦っていきたいです。

IR(2/10~2/14)

3170 J-アイセイ薬局 平成26年3月期 第3四半期決算短信
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140212004939.pdf
大幅増収、大幅減益。きついね。


8186 J-大塚家具 平成25年12月期 決算短信
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140214006669.pdf
こちらもきつい。いつまで40円配当が維持できるのかな。。。MBOしてくれないかな。


3817 SRAHD 平成26年3月期 第3四半期決算短信
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140204099042.pdf
3Q進捗率59%。業績予想を据え置いているけど、4Qに何かあるのかな???ちょっと懐疑的。


6059 ウチヤマHD 平成26年3月期第3四半期決算短信
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140210003550.pdf
3Q進捗率95%。指標的にはかなり安いと思うのだが、株価は一向に反応しない。


7157 M-ライフネット(非保有銘柄) 平成26年3月期第3四半期決算短信
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140203098827.pdf
なかなか黒字化しないね。人の不安を煽ってクソみたいな商品を高額で売り付ける対面生保が好きではないので、ネット生保を応援しています。

IR(2/2~2/6)

2154 トラスト・テック 第2四半期連結業績予想と実績値との差異及び通期連結業績予想の修正並びに剰余金の配当(中間配当)及び期末配当予想の修正に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140207002462.pdf
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140123090071.pdf
PF1位のトラスト・テックが上方修正&増配のコンボ。年間配当は50円となり、買値269円に対して利回り18%超となった。足向けて眠れません。


4705 J-クリップ 配当予想の修正に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140116085722.pdf
配当性向を従来の20%~30%から、40%~50%へ引き上げてきた。今期配当予想は50円となり、現在の株価に対して配当利回り4.5%と太っ腹な水準に。


9432 NTT 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ(会社法第165 条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得)
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140206001429.pdf
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140206001369.pdf
また自社株買いをしてくれるみたい。素晴らしい企業です。3Q進捗率も83%と絶好調。


6060 J-こころネット 平成26年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140203098575.pdf
負ののれん計上で爆益。株価は無反応。。。


3385 薬王堂 平成26年1月度 月次速報に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140205000053.pdf
昨年11月以降は既存店、全店ともに絶好調。これはいける!


2681 ゲオHD 平成26年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140204099604.pdf
今期は大幅減益だが、概ね計画通りの模様。


2762 三光MF(非保有銘柄) 特別損失の計上ならびに第2四半期業績予想との差異および通期業績予想の修正に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140207003001.pdf
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140206001088.pdf
自己資本の三分の一を毀損するメガトン級の特損。昔はポートフォリオの中で断トツトップだったこともあるので、この凋落ぶりは悲しい。魅力的な株主優待があるので、株価は意外と下がらない気もする。
低価格路線でサービスの悪い居酒屋業態をどうにかすべきでしょう。以前の東方見聞録は本当にいい居酒屋だったし。

2014年1月

2014年1月31日時点の運用資産
9989万円

先月比 -11万(-0.1%)
年初来 -11万(-0.1%)


期中売買:
<売却>
7014 名村造船 1500株(完全撤退) - 1月下旬は円高に振れる日が多かったため、為替の影響を受けやすい当銘柄から完全撤退。3年近く保有して配当と売却益で+612万、年利91%の大勝利。ありがとう。またいつか参戦します。
2388 ウェッジ 110株(完全撤退) - 同じく為替の影響を受ける銘柄。大きな評価損が出ていたので、名村との併せ切りで節税を実施。5か月保有して-136万、年利-64.9%(笑)
2164 地域新聞社 2000株(部分売却) - 割安感が後退してきているため、ポジション調整。
9473 NTT 100株(部分売却) - ポジション調整。


<購入>
3284 フージャース 3500株(新規参戦)- ROE20%超でPER6倍はかなり安いと思う。マンション販売が好調で、販売済戸数は3Q時点で進捗率99.4%。上方修正が来るはず。


主な期中配当金:
特になし


コメント:
上値の重たい一ヶ月だった。主力のトラストテックと地域新聞社が堅調だったためポートフォリオ全体では微減に留まったが、それ以外はダメダメ。主体別売買動向を見ると、今年に入って外人売りの個人買いが顕著になっている。ここ一年の株高を演出してきたのは外人買いだったわけだし、彼らが売りに転じたらそりゃ相場は下がるわな。NISAが始まったこともあり、個人投資家は年初から積極的に買っていたようだが、早速高値を掴まされた感あり。2月も苦しい展開が続くと思うが、優良銘柄の押し目は拾ってみたい。


現在の上位20銘柄(青はランクアップ、赤はランクダウン、緑は変わらず)
port201401.gif
プロフィール

Author:クリムゾンキング
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

リンク