リソー教育に思う

学習塾大手のリソー教育が過去何年間も不適切会計を行っていたとして話題になっています。
昨年12月に「不適切な会計処理の疑義に関する調査のための第三者委員会設置に関するお知らせ」なるプレスリリースを行い、直後にS安2連発。その後株価は何故か持ち直しますが、本年2月10日に「第三者委員会の調査報告書受領に関するお知らせ 」で実際に不適切な会計処理があったことが明らかになり、過年度の四半期報告書にことごとく訂正が入りました。そこからS安3連発で、23000名もいる株主は今頃腸が煮えくりかえっているでしょう。

ちょっとスクリーニングすればわかることですが、このリソー教育は経営数値が素晴らしく、直近の四季報によるとROA11.6%、ROE27%。配当利回りも6%弱と驚異的なレベル。
競争の激しい塾業界で一人勝ちしているように見えていたため、実際自分もウォッチリストに入れてました。。。

このような一見優良に見えるけど、実は地雷だった・・・という銘柄は常に株式市場に存在しています。
最近では原発事故を起こした東電、粉飾決算をしていたオリンパス。優良企業が一晩でクソ株です。

襲い掛かってくる突発的な悪材料を避けて株式投資をすることは不可能であり、唯一の自己防衛策は投資銘柄を分散することだと思います。
分散すればするほど大きなパフォーマンスは挙げにくくなりますが、勝つことよりも大負けしないことの方が大切であることを忘れずにこれからも市場で戦っていきたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クリムゾンキング

Author:クリムゾンキング
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

リンク